┃仕事内容を教えてください

パチスロ機の企画兼チームリーダーをしています。 パチスロ機は「企画→プログラム→試作・試打→検証・修正の繰り返し」という流れで開発が進んでいきます。

出玉からリール配列・配当・制御にいたるまでパチスロの基礎となる部分のデータ作成や、演出案作成が企画の主な業務です。チームには企画以外に、実機を動かすプログラム担当、筐体・図柄等のデザイン担当、大当たり中等パチスロ機で使用するサウンド担当、震動モーターなどのギミックを作成するハード設計担当など、それぞれに担当者がいて1つのチームとなっています。

チームリーダーとして、すべてに監修・決定権をもっていますので責任感をもって業務にあたっています。

┃仕事のやりがいはどんなところでしょうか

開発過程では、多くの課題が発生します。また、さまざまな方からの意見などで悩む部分も多いです。
ただ、苦労すればした分だけ市場で遊技いただいている様子を見た時の達成感は大きいものがありますね。

よく「製品は我が子」という表現がありますが、まさにそれが実感できます。「面白い」は最上級の褒め言葉で、これまでの苦労が消し飛んでしまいますし、次への活力になります。

┃企画者に必要なことは何でしょうか

出玉設計をおこないますので「数字への強さ」、他社に負けない「アイデア力」、複数の職種と共同作業する「協調性」など、いろいろと企画に向いている方の要素はありますが、やはり一番は「パチスロ大好き!」、これではないでしょうか。
好きだからこそ、真剣に深く考え、本気で仕事ができる、そう思っています。
私も、学生時代からパチンコ・パチスロがとにかく好きで、「自分でつくってみたい」が今の仕事に繋がっています。

「パチスロ大好き」なんて大きな声では言えないと思っている方がいるかもしれませんが、大好きな気持ちこそが企画にもっとも必要な資質です。

社員紹介